資産運用のためのマンション経営・アパート経営のメリット・マンション査定

マンション経営ドットコム

 マンション経営・アパート経営によるメリットのご紹介

マンション経営アパート経営にはどのようなメリットがあるのか?「マンション経営、アパート経営とは?」でご説明したように、大口定期預金とマンション経営・アパート経営を比較した時のような資産運用上のメリットもございますが、マンション経営アパート経営にはその他にもたくさんのメリットがございます。

資産形成

預金金利の基となる公定歩合が超低水準であったり、ペイオフ解禁と言われる今、効率のよい資産運用をすることは大変難しいです。
高利回りの金融商品は安全性に疑問があります。不動産投資のひとつのマンション経営アパート経営は好立地条件のものを選べばリスクを低減し、会社勤めをしながら安定した家賃収入が期待できます。 また確定申告により税金の還付も受けられるのでローン負担も家賃収入と節税分で軽減できますので、効率のいい安全・確実・有利な資産運用ができます。

マンション経営ページトップへ

所得税・住民税の節税

マンション経営アパート経営は通常サラリーマンでは認められないものが必要経費としてみとめられます。例えば、減価償却費、ローン金利、租税公課、管理費、登記費用などです。これらの必要経費を合計すると家賃収入に対し赤字計上ができ確定申告で所得税の還付が受けられます。また住民税も減税されます。

マンション経営ページトップへ

私的年金

公的年金に対する不安が広がる中、ローン完済後の家賃収入を公的年金以外の年金対策としてマンション経営アパート経営を始められる方が増えています。

マンション経営ページトップへ

生命保険

マンション購入のローン申込みと同時に、団体信用生命保険に加入することになります。もし、ご契約者に万が一のことがあった場合、生命保険でローンが全て完済されますので、ご家族にローンが残ることはありません。むしろ、生命保険替わりに、無借金の不動産と毎月の家賃収入が残ることになります。マンション価格と同額の生命保険に加入する場合と比較してもたいへん有利であると言えます。

マンション経営ページトップへ

インフレ対策

日本は経済対策のために主要先進国中最悪の財政赤字問題を先送りし、さらに大量の赤字国債を増発しました。このことは、低金利対策のもとで過剰流動性が蓄積され続け、将来のインフレ要因のひとつとなっています。
また、輸入原材料コストの上昇や需要増などもインフレの原因となります。 お金の価値が20年前と現在とは全く違っていることからもわかる通り、長期的な視点で見ると、インフレ傾向のもとで現金・預金などの金融資産は目減りし、モノの価値は変わっていきます。そこで、資産を目減りさせないためには、インフレ対策が必要になってきます。その点、比較的インフレに強いと言われている不動産で資産形成を行うマンション経営、アパート経営は、長期の事業ですので、長期的にみてインフレ対策になると考えられているのです。

マンション経営ページトップへ

相続税対策

相続時に、現金・預金などの金融資産は時価で100%課税対象となりますが、財産を不動産で保有し、なおかつその不動産を賃貸することにより、相続税評価額を40%程度まで引き下げられるケースもあります。 したがって、大切な資産をより多く、ご家族に引き継ぐことが可能になります。

マンション経営ページトップへ

マンション経営ドットコムHOME